桔梗屋をもっと楽しむ

和菓子と一生

私たち日本人にとって和菓子は、暮らしに深く関わる大切なもの。命の誕生から旅立ちまで、人生の様々なシーンにおいて使われています。

行事名 行事内容 一般に使われるお菓子
着帯の祝 妊娠後5ヶ月、戌の日に仲人、親元へ祝います。 お赤飯・紅白切餅
出産祝
お七夜祝
生後3日目に祝います。生後7日目には、神棚に命名を張って祝います。 お赤飯・紅白上用饅頭・鶴の子・鳥の子
お宮参り 生後1ヶ月、神社にお参りします。 お赤飯・紅白上用饅頭
お食始め祝 生後100日目。 お赤飯・鶴の子・季節の上生菓子
初誕生祝 立ち餅(一升餅)を背負わせます。 紅白のし餅・お赤飯・鳥の子
初節句祝 女の子は桃の節句、男の子は端午の節句です。 菱餅・草餅・桜餅・ひな菓子各種・柏餅・ちまき・生菓子の鯉・季節の式菓子
七五三の祝 3才は男女、5才は男の子、7才は女の子を祝います。 千歳あめ・お赤飯・鶴の子紅白上用饅頭
入園
入学祝
入園、入学を祝います。 お赤飯・紅白上用饅頭
卒業祝
就職祝
成人祝
学校を卒業し、初めて社会人となることを祝います。 お赤飯・上生菓子・紅白上用饅頭
結納の祝 婚約のしるしをかわす式です。 お赤飯・季節の上生菓子・紅白上用饅頭・式菓子・干菓子(鶴亀松竹梅)
結婚祝 披露宴の引き出物にお菓子をつけます。 お赤飯・「花かげの歌」・式菓子(三ッ盛・五ッ盛)
結婚記念日 1年「紙婚」、3年「菓婚」、5年「木婚」、7年「花婚」、10年「錫婚」、15年「銅婚」、20年「陶器婚」、25年「銀婚」、30年「真珠婚」、35年「珊瑚婚」、40年「青玉婚」、45年「紅玉婚」、50年「金婚」、57年「金剛石婚」 お赤飯・上用饅頭・式菓子
上棟式 上棟式は建前(たてまえ)とも呼び、無事棟が上がったことに喜び感謝するものです。上棟式は「儀式」というよりも施主が職人さんをもてなす「お祝い」といえます。 四方餅・紅白切餅・お供え餅・お赤飯
新築祝
開店祝
一般の住宅や個人商店の新築が完成したとき、親戚・知人・得意先・取引先を招いて催します。新築された住宅や商店で祝うのが一般的ですが、商店では景気付けのために多数の人を招いて盛大に行うこともあります。 お赤飯・紅白上用饅頭・季節の上生菓子・鳥の子餅・紅白小麦饅頭
病気見舞 お見舞金にお菓子を添えます。 上生菓子・「花かげの歌」・涼菓・数日日持ちする和菓子
快気祝 全快の喜びを祝い、お見舞いのお返しをします。従来はお見舞のお礼を兼ねて自宅に招いたり内祝の品を届けたりしました。現在ではお見舞いをいただいた方へのお返しという意味合いで快気祝いを贈る方が多くなっています。 お赤飯・紅白上用饅頭・鳥の子餅・
年祝い 60才「還暦」、70才「古希」、77才「喜寿」、80才「傘寿」、88才「米寿」、90才「鳩寿」、99才「白寿」 お赤飯・紅白城陽饅頭
葬礼 通夜、葬儀、初七日、三十五日、四十九日、百日 枕団子・盛り菓子・ひば焼き饅頭・青白小麦饅頭
年忌 一周忌、三回忌、七回忌、十七、二十三、二十七、三十三、で戒名は終わるとのことです。後、三十七、四十三、四十七、五十、百回忌があります。 法事用引き菓子・青、白小麦饅頭・最中

ページ上部へ