桔梗屋をもっと楽しむ

桔梗信玄餅の歴史

観光土産品の不在と洋菓子の進出

胴鍋(桔梗屋本社「お菓子の美術館」に展示)桔梗信玄餅の開発以前、山梨の土産と言えば、生ぶどうを砂糖の衣で包んだ「月の雫」というお菓子と、果実のぶどうや桃といったもの以外に目立ったものはありませんでした。しかし、生の果実やそれを使ったお菓子は一年を通じて販売することができず、非常に不便な状態だったのです。
また、昭和35年頃から洋菓子ブームとなり、県外の洋菓子専門店が進出し始め、これに対抗すべく当社三代目であった故・中丸幸三を中心に新製品の開発に懸命に取り組みました。
日本人の嗜好に合うものは何かを出発点にして開発に取り掛かり、そこから生まれたのが「桔梗信玄餅」でした。

「安倍川餅」が発想のヒント

安倍川餅桔梗信玄餅の開発のヒントに「安倍川餅(あべかわもち)」があります。
山梨県には古来よりお盆の時期に、餅にきな粉と黒蜜をかけた安倍川餅を供えて食べる習慣があります。これをヒントに現代風に小さくまとめ、お盆だけでなく一年中食べられるものにしたのが、「桔梗信玄餅」です。
今では各地に類似したものがありますが、当時、風呂敷で包むという形態はまったくない斬新なものでした。
「お客様に包装を解いてもらい、別容器の黒蜜をかけてもらうというのはいかがなものか、売れるわけがない」と同業者から冷ややかな声もありましたが、昭和43年の正月、最初の試作品ができ、その夏販売に踏み切りました。
発売後はユニークな包装も話題となり、お客様からの反応は好評でした。添加物などを一切使用しないお餅のなんとも言えない素朴な味わい、黒蜜の独特な舌触りは、「桔梗信玄餅」ならでは。
姿かたちをまねただけでは作り出せない、桔梗屋ならではのものです。

空前の信玄公ブーム

桔梗信玄餅更に幸運なことに、タイミングよく発売した翌年から武田信玄と上杉謙信の戦いを描いたNHK大河ドラマ「天と地」(原作:海音寺潮五郎)が放送開始。さらに「風林火山」(原作:井上靖)も映画化され、空前の武田信玄ブームとなりました。
日本中から山梨県に観光客が訪れました。それまで富士山といえば静岡県を思い浮かべる人が多かったのですが、それ以降、山梨県にも、富士山あり清里あり富士五湖あり、優れた観光県だとの認識が高まりました。その年の一年間、山梨県は商業ベースに乗って大変な観光ブームになりました。
こうしたマスメディアの力もあり桔梗信玄餅は山梨の銘菓として定着していきました。その後も売り上げは大幅に伸び続け、発売時日産5000個だったものが6年後には日産5万個、今では日産10万個に達しています。

※参考資料
 『銘菓の神話とマーケティングの話』(中経出版)
 『甲府街史』(山梨日日新聞社)


マンガで読む 桔梗信玄餅の歴史

以下のURLより、桔梗信玄餅の歴史をマンガでお読みいただけます。

「漫画で読む桔梗屋 歴史が語る真実」
http://www.sannichi-ybs.co.jp/rekishi/vol1/book60.html

ページ上部へ